2005年10月25日

エチオピアの国番号


今回:エチオピアの国番号

国番号:251

◆参考データ
エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカの国。ジブチ、エリトリア、スーダン、ケニア、ソマリアに囲まれた内陸国。アフリカ最古の独立国として有名。公式の英語表記は、Federal Democratic Republic of Ethiopia(フェダラル・デモクラティック・レパブリック・オブ・エチオピア)。通称、Ethiopia。略称、FDRE。日本語の表記は、エチオピア連邦民主共和国。通称、エチオピア。他にエティオピアとも表記される。旧称、アビシニア (Abyssinia)、エチオピア帝国 (Empire of Ethiopia)、イタリア領東アフリカ (Italian East Africa) 、エチオピア人民民主共和国 (People's Democratic Republic of Ethiopia) 。カッコ内は英語。ヨーロッパ列強のアフリカ分割を乗り切り独立を保った古くからの独立国。近代エチオピアは19世紀半ばのテオドロス2世の頃に始まったとされる。メネリク2世の19世紀末に2度イタリアの侵略を受けたが、これを退けた。1936年から1941年は、イタリアの植民地。1952年にエリトリアと連邦をくんだが、1962年にはこれを併合。1973年東部のオガデン地方のソマリ人の反政府闘争、および干ばつによる10万人餓死という惨状、オイルショックによる物価高騰が引き金となり、アディスアベバのデモ騒乱から陸軍の反乱が起こり、最後の皇帝であるハイレ・セラシエは1974年9月軍部によって逮捕・廃位させられた(1975年帝政廃止)。軍部は臨時軍事評議会 (PMAC) を設置、12月に社会主義国家を宣言。1977年2月にメンギスツ・ハイレ・マリアムがPMAC議長就任。恐怖独裁政治や粛正により数10万人が殺害されたとされる。1987年の国民投票でPMACを廃止、メンギスツは大統領に就任し、エチオピア人民民主共和国を樹立、エチオピア勤労人民党(のちエチオピア労働者党)による一党独裁制を敷いた。エリトリア、ティグレ、オガデンの各地方での反政府勢力との戦闘の結果、メンギスツ大統領は1991年5月にジンバブエへ亡命。ティグレ人中心のエチオピア人民革命民主戦線 (EPRDF) のメレス書記長が暫定大統領、次いで1995年8月には新憲法が制定されネガソ情報相が正式大統領、メレスは事実上の最高指導者である首相に就任、国名をエチオピア連邦民主共和国と改称した。1998年5月12日、エリトリアと国境付近のバドメ地区の領有権をめぐり戦争に発展。2000年5月、エリトリア軍が撤退を表明。メレス首相は6月、アフリカ統一機構 (OAU) の停戦提案を受け入れた。7月、国連の安保理はPKOである国連エチオピア・エリトリア派遣団 (UNMEE) 設置を決定。2000年5月の総選挙で与党EPRDFが圧勝。10月10日にはメレス首相再選。2001年2月、エリトリアとの国境に臨時緩衝地帯を設置することで合意。10月8日、ネガソ大統領の任期満了を受け、ギルマ・ウォルドギオルギス人民代表議会(下院)議員が新大統領に。

posted by national at 17:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
crocs
Posted by ラップブレス at 2013年08月08日 05:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。