2005年05月05日

ウクライナの国番号

国番号:380

◆参考データ
ウクライナは東ヨーロッパの国。東でロシア、南で黒海、西でハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北でベラルーシに接し、ウクライナのクリム半島にはクリミア自治共和国がある。旧ソビエト連邦の中では比較的発展していた国。スラヴ系の民族が住み、文化的にも東ヨーロッパの国々との関係が深い。なお旧ソ連時代から、ソ連とは別枠で国際連合(国連)に加盟していた。正式名称は、ウクライナ語でУкра?на(ラテン文字転写: Ukraina、発音: ウクライナ)。公式の英語表記は、Ukraine。日本語の表記は、ウクライナ。稀にユクライナとも。紀元前1000年頃よりウクライナにはさまざまな遊牧民族が到来した。紀元前8世紀頃、黒海北岸に至った騎馬民族のスキタイ人は、紀元前6世紀頃キンメル人を追い払って自らの国家を立て、紀元前4世紀にかけて繁栄した。黒海沿岸にはギリシャの植民都市が建設され、地中海やメソポタミア方面との交易を通じてペルシャ、ギリシャ、ローマの文化的影響を受けた。紀元前3世紀頃、中央アジアより来�
?%5%k%^%F%#%"?M$N05NO$rIt$O%]!<%i%s%I$N;YG[$r7P$?8e!"1772年のポーランド分割によってオーストリア=ハンガリー帝国の領土となった。19世紀に入ると、ロシア帝国の抑圧政策により、ウクライナ人の民族運動が盛んになった。1917年のロシア革命を機にウクライナは独自の政府を組織して独立を宣言したが、ロシアの革命政府と対立し、内戦状態に陥った。1919年のウクライナ社会主義共和国の成立を経て、1922年ソビエト連邦の構成国となった。このとき西部の一部地域はポーランド領となった。ソビエト連邦下のウクライナは、農業の集団化政策などにより、2度の大飢饉(1921年-1922年、1932年-1933年)に見舞われ、学者の推定によると400万から1000万人が亡くなった。第二次世界大戦が始まった1939年、ソ連はポーランドに侵攻し、占領した西ウクライナをウクライナに組み入れた。1941年以降の独ソ戦で赤軍が敗走を続ける中、キエフ包囲戦において、66万人以上のソ連軍兵士が捕虜となった。ナチス・ドイツ軍は最初ウクライナ人たちに「解放者」として暖かく迎え入れられたが、すぐにユダヤ
?M$d%&%/%i%$%J?M$N5T;&$dDIJ|$,3+;O$5$l!">u67$O0JA0$h$j$b0-2=$7$?!#%I%$%D$N@jNN$J$I$K$h$kBg@oCf$N;`
posted by national at 22:38| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ウォリス・フツナ諸島(フランス)$N9qHV9f

国番号:681




posted by national at 22:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

インドネシアの国番号

国番号:62

◆参考データ
インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく)は、東南アジアの国。首都はジャカルタ。東西に非常に長く、多くの大小の島により構成される。島々によって構成されている国家であるためその広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島の東ティモール、カリマンタン島のマレーシア、ニューギニア島のパプアニューギニアの3国だけである。正式名称は、Republik Indonesia(インドネシア語: レプブリク・インドネシア)、略称は、Indonesia。日本語表記は、インドネシア共和国、通称は、インドネシア。公式の英語表記は、Republic of Indonesia (リパブリック・オヴ・インドニージャ)、略称は、Indonesia 。のちにインドネシアとなる地域に住んでいたマレー系の人々は、紀元前1世紀頃から来航するインド商人の影響を受けてヒンズー教文化を取り入れ、5世紀頃から王国を建国していった。諸王国はインドと中国をつなぐ中継貿易の拠点として栄え、シュリーヴィジャヤ王国、マジャパヒト王国などの大国が興亡した。12世紀以降はムスリム�
&?M$,$b$?$i$7$?%$%9%i%`65$,9-$^$j!"?M!9$N%$%9%i%`2=$,?J$s$@!#16世紀になると香辛料貿易の利を求めてポルトガル、イギリス、オランダが相次いで来航し、17世紀にはバタヴィア(ジャカルタ)を本拠地としたオランダ東インド会社による覇権が確立された。19世紀には東インド会社が解散されてオランダの直接統治下に入るが、オランダ人は18世紀のマタラム王国の分割支配によりジャワ島、19世紀のアチェ戦争によりスマトラ島をほとんど支配するようになる。この結果、20世紀初頭にはポルトガル領東ティモールを除く東インド諸島のすべてがオランダ領となり、現在のインドネシアの領域がひとつの国家に統一支配された。しかし20世紀には東インド諸島の住民によるインドネシア独立運動もめばえ、スカルノらがこれを指導した。オランダの植民地支配は1942年の日本軍侵攻で瓦解し、かわって日本が東インドの支配者となるが、スカルノらはその下で独立勢力をはぐくんだ。1945年、日本が降伏すると独立派は独立宣言を行い、東インドに戻ってきたオランダ軍とインドネシア独立戦争を戦った。この戦争の結果、194
9年12月のハーグ円卓会議によりオランダは正式にインドネシア独立を承認した。初代大統領スカルノと、1966年にスカルノから大統領権限を譲られたスハルトは、ともに独裁的な権力を行使して近代国家形成を進めたが、もともと国民にインドネシアという概念はなく、独立に際して人工的に造られた国家であるためアチェ、イリアンジャヤなど国内に多くの独立運動を抱えることにもなった。1998年、アジア通貨危機に端を発するインドネシア経済崩壊のなかでスハルト独裁体制は打倒され、民主主義的な体制が形成され始めている。大統領は、初代スカルノ(Sukarno 1945〜1966)、第二代スハルト(Suharto 1966〜1998)、第三代ハビビ(Habibie 1998〜1999)、第四代ワヒド(Wahid 1999〜2001)、第五代メガワティ(Megawati 2001〜2004)、第六代ユドヨノ。(インドネシアの大統領一覧)2004年のスマトラ島沖地震による津波により、甚大な被害を被った。

posted by national at 18:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。